ご購読ありやとうございます。
(『有難う御座います』を言い過ぎてカミまくりの図

土曜中山8Rに前回初ダートでガラリ一変!したトウショウプライド号が想定登録。
個人的な話で恐縮ですが、昨年暮れに相手抜けを連発!

何を血迷ったのか?たった1日で○00万近くの資金を溶かし、その時の様子からこの馬の激走で取り返すまでの一連の流れを面白おかしく話す様子を収録したVが存在!!
ところが・・・・それが今のところお蔵入りなのです

収録した後に自分なりに観て、色々と思うところがあり、『不謹慎と判断したからです
しかし、実際のところ面白いものは面白いんです。
正にあの激走がこれぞ情報競馬!!って感じでした。

この話をすると止まらなくなりそうなんで、また次の機会にでもします。

そのトウショウプライドは、最終追い切りの動きは前回のそれを大きく上回る好内容。
人気を背負った時にどうでしょう?

正直なところ今回出走してきた場合、微妙ですよね?

情報馬は2度追えという格言が我々の中にもありますが、流石にあれだけ凡走が続くと条件替わりでしか狙いにくくなるのです
同条件で出走、しかも馬場が渋った時にどうか?という不安がある訳ですから尚更。

一歩引いてみれば、私にとって新年早々楽しませてくれた馬だからこそ、厳しく見ているだけかも知れません。
その情報馬は2度追えに該当する馬が出走!

それに該当する馬がコチラ。
 
(ケイアイチョウサン)
昨年暮れの記事にも書きましたが、某エリート調教師がパジャマ姿のようなイデタチで登場。
金杯が楽しみとデキの良さにホクホクしていた「アノ馬」の事です。
結果的に負けましたがプレイアンドリアル事件の事もあったばかりなので、人気を落としてくれば面白いと思います。

さて、本題に入ります。

皆様も長年愛用している競馬新聞等のコメント欄で「これは駄目だなぁ」とか「これは行けそう」と言うものがあると思います。

冒頭に挙げたNGワード集の話なんですが、関係者との長年のやりとりで「こりゃ駄目だ」という確たるものがあります。

人間が介在するので、癖が出るのは当然の事なんでしょうな

恐らくご本人も気付いていないと思われるので、私の記憶の中からの話でざっと紹介しておきましょう。

まず獣医さんもデキの良さに太鼓判が全く駄目

馬券圏内はおろか、掲示板すらありません。

他には悪くはないんだが・・・これも全く駄目

逆にいいパターン。

いい状態で送り出す事が出来た。」、「好調時(成績)の時と比べて同等か、それより上
この2つは比較的いいですね。

分館の次に出走してくる情報馬のパターンの話に関係するのですが、今回は後者の方です。

立場をわきまえて馬券を購入すると思いますが、ハマればでかそうです。
楽しみです!!
人気ブログランキングへ
ご意見・ご感想は

トレセン同志会事務局

TEL029-886-4419
トレセン同志会info@jra-miho.com
美浦分館:
info@jra-miho.net