先週は4戦1勝でした。
オマケに朝ナマ情報1頭不発

的中は土曜日に行われた東京7R
3番人気のテイエムアトムが2着相手3点目で4番人気のティエムアトムがクビ差制し
馬連1600円2割的中!
(回収320%)

3連複不的中!

更に値上げの掛った一戦は不的中でした。

見解の全文を載せておきます。
─────────
2022年11月20日(日)
─────────
発走時刻 15:40
----------------------------
・阪神11R
第39回・マイルCS(G1)
【情報馬】
馬番15番.ダノンスコーピオン号
【ワイド】
11-15 5割
06-15 5割

【高回収狙いなら】以下の通り少額推奨!

【3連複フォーメーション】
馬1:15
馬2:06.11
馬3:01.02.03.04.05.06.07.10.11.12
【合計17点】
───────────
---------------------------------
【ワイド】+【3連複】
───────────
馬番15番.ダノンスコーピオン号
当初は昨年のこのレースでグランアレグリアの引退レースの中、
僅かコンマ2秒差の3着だったダノンザキッドに注目しておりましたが、乗り替わりの経緯から同馬を推奨します。
昨年のレース後テキは『骨折明けをひと叩きしてパワーアップしていた。来年(つまり今年)のマイル路線での活躍が楽しみ。』と話していた事を踏まえると、迷わず川田ジョッキーがこちらを選んだ理由は『勝算があるから』と推測する事が出来る。
この馬自身も阪神芝1600Mは3戦2勝!3着1回とコース適性抜群だが、
成長途上の朝日杯FSで後のダービー馬ドウデュースと僅かコンマ2秒差の3着が唯一の3着であれば悲観する事はない。
前走は明らかにここへ向けての『前哨戦』と割り切った騎乗だった事などから、叩き2戦目の今回一発ある!

相手本線には馬場の変化を考慮してでも大崩れしにくいと思われる2頭を抜擢!
大穴には展開面から前残り警戒の馬番12番.ホウオウアマゾン号迄。


堅実に狙うなら【ワイド】2点勝負!
高配当を狙うなら【3連複】少額17点勝負を推奨!

ここまでです。
先日の記事をご覧ください。
記事の下の方に
肝心の情報馬・・・穴馬の部類だと思うのですが、
能力的には勝ってもおかしくない潜在能力を持つ一方で唯一の不安材料がある!

その唯一の不安材料のせいで的中率が70%程度になってしまうところを、一つ補う事によって90%程度に落ちつく事になる事があるのです。

と書かれていたんですが、答えを言うと、こういう場合には軸を2頭にする事なんですよ!

ところが、なかなか踏み切れなかったのです!!

私も人間ですからね!当初思っていた事が仇となってしまった典型ですm(__)m

次に値上げを賭ける1戦を行う場合、平場での複勝ドカン!或いは単勝ドカン!だと思います。

何しろ事情通の新馬戦は侮れません!!


これだけは言います<(_ _)>
あまりストーリ性にこだわらずとも結果は出ます!!

それを見落としていた私自身が情けない。

今週末こそ大きく獲らせますよ!! 

募集概要
 ↓↓↓
http://www.jra-miho.com/admissionguide.html
締切は金曜日22時となっております。