お早う御座います。

昨日は3戦して全タコでした<(_ _)>


ここ最近はこのパターンでスタート切ると塞ぎこんでしまいがちですが、何事もやれない事はないので、今日は回収1000%以上をGETすれば巻き返しは十分、いや十二分可能である!


それを成す事に集中します。


成せばなる!


それと、久し振りにブログ予想1本くらい行かせて頂きます。

朝一に行われる中から1つ!


中京1Rの予想公開。

中京1Rサラ系障害未勝利戦

初めに結論(買い目)から・・・・

========================
発走時刻 10:00
========================
中京1R
障害3歳上未勝利

特注馬
馬番10番.セイウンフォーカス号
馬連
09-10 6割
01-10 4割

=====================
見解
05番.テイエムオスカーが少々人気しますけど、前走をご覧になって貰うと分かり易いんですけど、
時間の無い方でも飛越をチェックしてほしいのですが、結構危なっかしい飛越なんですよね!
2戦目で、ある程度の慣れは見込めるのですが、初障害時の時計が3分19.9秒で6着。
今回着を上げるにはペースを上げてくる事になります。
となると、あの飛越がどうも引っかかる。

走破時計2秒以上詰める事は十分可能でしょうけど、直ぐに好勝負になれそうな飛越ではない気がするんですよね。

ここは様子見するくらいでちょうどいい感じだと思います。


単勝1倍台濃厚の初障害で2着した09番.ルグランフリソン号
この馬は3つほど障害を越えた辺りから飛越は水準以上だったものの、緒戦から平地力にモノを言わせ逃げに逃げ!勝ちパターンか?と思いきゃ、最終障害クリア後にスパートをかけた途端、少し後方で脚を溜めていたインウィスパーズの脚力に屈し2着。

同じ作戦が通用するのだろうか?

入障2戦目からガラリ一変し、近2走の新潟で2戦連続して勝ち馬との差を詰めに詰め、
今回勝ち上がりそうな馬としては01番.クリノサンスーシ号も筆頭格だと思います。


しかしそこに待ったコール発動!


馬番10番.セイウンフォーカス号に期待!

平地未勝利は勝てず終いでしたが、スタミナが豊富でスピード競馬では今一つだった上、
番組自体が少ない中【2着2回、3着2回】の成績を残している。

本来は勝っていてもおかしくないレースも2度経験。


特にこの下の写真の芝2400M戦では、タイム差なしの2着。

サラ3歳未勝利芝2400M


未勝利を勝つ事がいかに難しい事か?

を我々に教えてくれるに十分過ぎる内容だったように思う。


障害に転向する際受ける障害試験では93.6秒の好時計をマーク!

記録によると『スピードが緩まない』とある。

上位人気馬の中で時計自体は最も速いんですが、内容が良いのは【馬なり】でこの馬から約1秒落ちでクリアしたテイエムオスカーの方なのです。

あくまでも実戦での評価を述べているだけで、今回ガラリ!と変わってくるかも知れません。

アテには出来ないのですけど、でもあの飛越はちょっとね・・・。

うーん(-_-メ)!だったのは確かなのです。


この馬の話に戻すと、入障緒戦は先行有利の中、道中は中団から!

無理なく障害に慣れる事こだわる競馬に徹していました。

そこでもセンスがある事は確認出来ている。


2戦目の福島では道中2ケ所に渡って合計4頭の落馬事故があったのですが、その影響を馬自身受けてはいません。

しかし大事を取ってカラ馬の存在を少し気にしてか?先行勢から少し距離を置いてペースを温存した箇所があったので、ざっと1秒以上のロスはあったと思います。

そのように見ると走破時計3分3秒3は補正値を入れて差し支えないとも思います。

3分2秒で計算しましょう!笑


今回は勝ちに行く競馬をする事になるので、切れる脚のない分先行策を取る。

となると、3分19秒くらい?では行けそうです。

2頭強い馬がいる事に変わりはないので、式別は【馬連】で行かせて頂きます。


話は変わりますが、トレセン同志会と言えば、西山牧場さんだった時代もあります。

西山牧場さんと言えば、2006年の新潟JSでニシノヘブンズドア(9番人気2着)と、同年の函館2歳Sでニシノチャーミー(7番人気1着)の2頭をご紹介した事がありましたけど、あの当時、大好評でした!


ここで勝って欲しいのがヤマヤマですが、イレ込み過ぎは良くありません!

2着でも十分です。

  以上


気ブログランキング
トレセン同志会事務局
TEL029-819-0921

トレセン同志会
info@jra-miho.com
トレセン同志会分館
info@jra-miho.net