お世話になっております。

オンナ馬なら任せろ!

低配当とは言え、阪神ジュベナイルFは公約した通りの的中!

て言うかさ、俺ってアピール下手糞でしょ!?笑

普通の予想屋さんなら【G1競走】を2週連続的中!したら大騒ぎするところですよね?

他人批判する訳ではなく、予想屋さんであれば【アリ】なんです!

従って否定する事でもありませんし、自分が他の予想屋に対してモノ申すなんてもっての他!

うちの場合は情報屋なのですよ!!

つまり同じ競馬でもカテゴリが異なるのです。

だからこそG1を当て続けても、路線が違うので、情報がハマらずがっかりだったのが先週の話。

ところでなぜオンナ馬なのか!?

実はお恥ずかしい話なのですが、この15年間の間で初めて書く事なんですけど、

私は、40過ぎてからホストクラブからスカウトされた事がある。

それも2度も・・・・(>_<)

ぶっちゃけ言うとね貴方ならナンバーワンになれる!と言われるほど熱心に誘われ事があるんですよ!

新宿で最も有名なホストクラブでした。(過去形)

今だから言えるんですが、その時、実は結構迷いました。


何故か?と言うと、『私はいい年ですから!と言ってもそこに需要があるんですと返された揚句、

ダンスは出来ますよね?と聞かれたので勿論それくらいは出来ますけど、若い人達には負けますよ(笑)と言っても、『そこなんです!今の若い人達の多くは社交ダンスさえ出来ないと返された。

でも私は女性からお金を貢がせるような事はポリシーに反するので、ちょっと無理ですね!と言ってもその考えが逆にいいんです!貴方ならナンバーワンになれる!と返されては、流石に逃げ場が無くなってしまったから迷ったのです。

でも、ならなくてよかった気がします。

でもその時は一瞬若い頃の事を思い出した。

確か25の頃だと思うんですが、地元のホスト達(若造)を集めホストとはこうあるべきみたいな事を熱心に語った事があった事を思い出し、ついついその気になってしまいそうになったのです。

でもね、逆にハマりすぎたらまずいし、嫁だって大反対するだろうし、それを盾に断りました。

ところがどっこい!

次は上野だったか?とにかくあの地域の、とあるところからも電話がありスカウトされましてねー((+_+))

8888e


その道に入ってたとしてらどうなっていたのだろうか!?と、今でこそ思ったりするんですけど、

やる選択肢がなかった事を踏まえれば、あの決断は妥当だったと思います。

何故ならば7000名様もの会員様との素晴らしい出会いがあったからです。

と言う訳で

今週は牝馬限定オープン特別のラピスラズリSが組まれていますよね?

実はこのレース、過去に当たった試しすらありません

今年こそは!!・・・・・・と、思うでしょ?

でも、このようなレースには手を出してはいけないのです。


過去のレース傾向は当然必ず分析してますけど、いくら見ても分からないレースというものが存在する訳で、そんな事も知らずにこのレースを予想する事に時間を掛けるのは時間の無駄であると思いますし、結果的に失敗する時の典型的パターンになる事は目に見えている。

実際のところ昨日分析しても、外れた理由すら全く分からない!

つまり、競馬に絶対はないのですが、相性の悪いレースと言うものは存在する訳でして、だからこそ不的中リスクが高いレースを、まず知っておくべきなのです。

その事により会員様に対し、外れリスクの高いレースを提供しない事が最も道理にかなうと私は思ってます。

手身近になりますが、土曜日に注目しているレースを1つ教えましょう。

ズバリ!

中山10Rの舞浜特別です。

S氏育成馬2頭出走!

その内の1頭のこの馬
↓↓↓

人気ブログランキングへ

上でも述べたようにうちは情報屋!

となると、この馬に関しての経緯をざっくり説明しなければなりません。

状態がピークだったのは夏の間で放牧中でした。

競走馬は状態がピークの時はそれぞれの馬によって異なるとしても、

意外にも皆様が思っている以上にピークの状態は短い。

2走前は状態は若干ですが、下降線を辿っていました。

それで4着でしょ!?


ぶっちゃけ言うと、この馬の潜在能力は上のクラスでも十分通用するんです。

ところがいかにも牝馬らしく、状態面での浮き沈みが激しいタイプでもある馬なのです。

次走の大凡走は、当然ながらピークを過ぎた後で、言葉は悪いですが出来オチの状態でした。

紙面上はいい事が書いてありましたけど、実際のデキはあの結果通りだったのです。

その時は会員様にも説明し、レースそのものをみおくりましたよね!?


それでいいのです!

今回はまだ裏を取ってないんですが、金曜日の夜にでも状態いいよ!と言えば買い!

逆の話になったり他の馬の話が出た場合、見送ればいいんです。

ね?簡単なことでしょう!?

一方で予想屋さんの場合、それがなかなか出来ないので、調教をチェックして状態面を探るのでしょうけど、うちは情報屋だし、真の状態面を知るためには、直接この馬に携わっている人から話を聞く事が出来る。

たったこれだけの違いですが、あとは聞き方の問題だけですよね?

一方で皆様が思ってるほど、S氏は甘くはありません。

電話にさえ出てくれない事などザラですから!

そういう意味から今回はうちの会員様の為にもお聞きしたいことがあります!という切り口で攻め込む予定。

たまにはこういう聞き方もいいと思いませんか?

この作戦で行きますからね!

ズバリ!直球勝負です!笑

☆ご参加は以下URLよりお手続き下さい。】

トレセン同志会分館・参加後案内
http://www.jra-miho.net/bunkan-annai.html
締め切りは金曜日午後3時です。

同志会マガジンスマホ&PC】⇒
ご登録は無料
同志会マガジンガラケー】⇒
ご登録は無料
====================


人気ブログランキングへ
トレセン同志会事務局
TEL029-819-0921
トレセン同志会
E-MAILinfo@jra-miho.com
トレセン同志
分館
E-MAILinfo@jra-miho.net