お早うございます。

明日未明、恒例の開催替わり必勝祈願に行って来ます。


小倉サマージャンプのレース展望から!

軸はアップトゥデイトで大丈夫だと思います。

今更G1馬についてとやかく言う事もないでしょう。

前哨戦にあたるここからの始動は当初から予定通りであるが、本番は暮れの中山大障害。

昨年のソロルの時のように足元掬われても不思議ではありません。

でもさぁ~このメンバー見ると勝っちまうんじゃないか?と言う気がすんだよな~。

相手関係の注目馬は以下の通りです。

まずシゲル冠の2頭に注目!

オーナーの森中氏は馬関係の経費、つまり預託料であったり牧場経費であったりの全てを合算すると約6500万円の経費が毎月掛かる。

ほんの2年前までは約8000万の身入りあったのだが、ここのところ成績が低迷しており、
今ではほぼトントンらしい。

人気になりそうなのがヨカグラだろうが、成績がイマイチ安定感に欠ける。
小倉は未勝利時代3着の実績があるものの、その時同馬を3馬身差で完封したの何を隠そうシゲルクーガーである。
無印だが、まだまだ4歳。
更に九州と言えばご当地馬主でもあり、注目したい馬の中の1頭。
息子さん達ご夫婦は世田谷に新居を構え、その関係で都内に頻繁に見えておられた。
その足で、川崎競馬場には自分の愛馬をちょくちょく観に来られていたのだ。
たまたま地元川崎で風俗店を経営するオーナーが、見慣れない森中さんが近くにいるのに、
シゲルの森中、気にいらねー!とやったやしいのだが、その言葉に反応した森中氏はご高齢にも関わらずドスの利いた声で誰か俺の事言ったか!?と返したそうだ。
その風俗王馬主・・何と、あまりの森中氏の迫力に推され、バツが悪そうに下を向き、
すっかり意気消沈したと聞く。

ってかさ、相変わらず前振りがナガー!笑

もう1頭のシゲルスズキ号に関しては小倉コースを2度経験。
更にタスキのある阪神コース5度も経験し、その間大幅に力をつけて来た点に注目!
前走はその阪神コースで2着以下に5馬身差の完勝するなど、経験を積み、力をつけてここへ。

他にもマイネル2騎、タマモワカサマなど強いのはいるが、この2頭を穴馬として取り上げておきたい。

今週も色々楽しみなレースが控えているけど、まずこの1鞍を取り上げてお挨拶の代わりとさせて頂きたいと思います。

ご清聴ありがとうございました。

   以上
同志会マガジンスマホ&PC】⇒ご登録は無料
同志会マガジンガラケー】⇒
ご登録は無料
=========================


人気ブログランキングへ
トレセン同志会事務局
TEL029-819-0921
トレセン同志会
E-MAILinfo@jra-miho.com
トレセン同志
分館
E-MAILinfo@jra-miho.net