お疲れ様です。

出走馬が確定しました。

今日は少し記事の更新が多めなので分類して記事を書かせて頂きます。

今週は”冬のダート王”を決める一戦!

第34回 フェブラリーSが行われますね。

第34回フェブラリーS


昨日の記事ではランキングの部分でモーニンを取り上げました。

まず昨年の覇者から見て行くのが定石であって、それを無視した京都記念の反省を込めて

敢えて取り上げてみたワケです。

フェブラリーSの後5ケ月間の休養を挟んでここ3戦の内容は、中央のG1では少し足りない印象は拭いきれませんが、1週前追い切りの動きもなかなか良かったと思います。

が!しかし・・・

この乗り役の事を忘れてはいけません。

どの人の事か?

はい!この人の事です。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

まぁ、この条件ならばはっきり言って今軸に最もしたい馬でもある。

一連の成績をご覧になっても分かる通り、過去にあのグレンツェントに3馬身差!!

持ち時計も優秀ですし、今回人気になるであろうカフジテイクも完封している。

しかも前走はスタートで立ち遅れて前半脚を使わされての大敗は情状酌量の余地もある。

あれでは流石に最後失速してしまいますよね?(-" "-)

と言う訳で実績あるこの舞台でこそ見直したい!!

最終結論は勿論枠順が決まってからです。

フェブラリーSは以上!

投資ギャンブル ブログサイトランキング

人気ブログランキングへ
トレセン同志会事務局
TEL029-886-4419
トレセン同志会info@jra-miho.com
美浦分館:
info@jra-miho.net