ホッコーゼニト号
新潟JSでは勝負処で自分から動いて行き、馬場の悪い内目を進むと、
粘りに粘ってあわや2着か!?と思える内容には、ただならぬ能力を感じました。
image2
入障初戦時からレッドキングダム(先週の小倉障害OPの勝ち馬)と接戦を演じて来ている事や、
平地時には芝で未勝利勝ちを収めてからダート路線に転向した事などを踏まえると、
阪神や京都の直線ダートコースでの競馬を観てみたい。
尚、同馬の未勝利勝ちの時の内容は、
先週日曜日の新潟障害未勝利戦の戦力分析を行う上で、
非常に参考になりました。



ブライトエンブレム号
先週行われたばかりの札幌2歳Sでは、デビュー戦同様出遅れ。
最後方からの競馬になった同馬。
道中は慌てずじっくり脚を溜めると4コーナーで距離ロス。
大外をひとマクリ、更に直線も大外に出し先行勢一気に交わし着差以上の強い競馬。
秋華賞を勝った母(ブラックエンブレム)以上の活躍に期待出来るのではないか?
と期待しつつ見守って行きたい1頭です。
image8
image9
image10
一度是非、『ホンモノをこの目で見ておきたいですね。

それでは、また後程!!


人気ブログランキングへ
トレセン同志会事務局
TEL029-886-4419
トレセン同志会info@jra-miho.com
美浦分館:
info@jra-miho.net